高橋クリニック|能動喫煙と受動喫煙 館林市

高橋クリニック
電話番号

能動喫煙と受動喫煙

能動喫煙と受動喫煙

能動喫煙と受動喫煙

能動喫煙と受動喫煙

タバコ煙には、喫煙者が吸い込む”主流煙”、そして、火のついたタバコの先端から立ち上る”副流煙”、喫煙者が吐き出す”呼出煙”があります。

能動喫煙は、喫煙者が主流煙を吸い込むことです。受動喫煙は、周りの人が副流煙、呼出煙を含んだ煙を吸い込むことです。受動喫煙は二次喫煙(Second-hand smoke)とも言います。

Q&A

副流煙も健康に悪いの?

酸素が比較的多く温度が高くなる主流煙に比べ、副流煙は酸素が少なく、温度が低くなります。そのため、不完全燃焼となって有害物質が出やすくなります。ニコチン、一酸化炭素、ホルムアルデヒドなどの有害物質は、主流煙の数倍以上になることが分かっています。

受動喫煙も健康に影響があるの?

喫煙量や室内環境によりますが、喫煙者と同等以上の可能性もあります。大人には、がん、脳卒中、心筋梗塞などへの影響を与えます。非喫煙者の女性の肺がんは、夫が喫煙者だと高いことが分かっています。つまり、非喫煙者の肺がんは、受動喫煙の影響の可能性があります。子供には、乳幼児突然死症候群の危険性や喘息の発症、妊婦には、胎児発育不全や低出生体重児のリスクに関与します。
受動喫煙によって起こる健康被害は、血圧、血糖、コレステロールの生活習慣病とは違って、自分の責任とは関係ない健康被害です。受動喫煙は、タバコを吸っていない周りの人々にも、タバコによる健康被害が他人事ではなくなってくる話なのです。

三次喫煙とは何ですか?

タバコ煙は、室内のカーテンやじゅうたん等に有害物質を付着させます。この付着した有害物質(サードハンドスモーク)は数か月残存します。これを吸い込んだりすることを三次喫煙(サードハンドスモーキング)といいます。