高橋クリニック|胆石・胆のう炎

高橋クリニック
電話番号

胆石・胆のう炎

胆石・胆のう炎

胆石症・胆のう炎

消化液の一つである胆汁は、肝臓で作られます。胆汁は胆管という管に集まり、肝臓からでると総肝管という名前になります。胆のうは、肝臓の下面についているナスに似た形をした袋状の臓器で、胆のう管で総肝管とつながっています。この胆のうに、濃縮された胆汁が溜まっています。つまり胆のうは、胆汁の“ダム”のような役割をしています。胆のう管と総肝管は合流した後、総胆管という名前になり、十二指腸につながっています。
この胆汁の通り道に、結石ができることがあります。肝臓の中の胆管にできると肝内結石、胆のうにできると胆石、総胆管にできると総胆管結石とよばれます。

Q & A

胆石症の症状は?

心窩部(みぞおち)や右季肋部(右の肋骨の下縁あたり)に痛みを感じます。脂肪を多く含む食事の後に痛みが起こりやすくなります。右季肋部を押さえていると、息を吸う時に呼吸が止まるくらいに痛むのが特徴です。他には、発熱や吐き気、嘔吐、黄疸などの症状がでることがあります。胆石症が原因で、胆管炎や膵炎にもなることがあります。

胆石症はどうしてなるの?

食生活では、カロリーの過剰摂取はもちろんですが、炭水化物、糖質、動物性脂肪の過剰摂取も胆石のリスクになります。肥満や脂質異常症があったり、ダイエットで急に体重を減少させたりすると、胆のうの機能が低下して胆石ができやすくなります。また、腸管の機能が低下して食物の腸管通過時間が長くなると、肝臓から胆汁にコレステロールの分泌が増加し、胆石ができやすくなります。

胆石症になりやすい人は?

50~60歳の年齢、肥満の人がなりやすいといわれています。また、女性ホルモンや、妊娠回数などがリスク因子になるので女性の方が多い傾向でしたが、近年は男女差がなくなってきています。脂質異常症、特に中性脂肪の高い方もなりやすいといわれています。

胆石にはどんな種類があるの?

胆石は、コレステロール胆石と色素胆石があります。色素胆石にはビリルビンカルシウム石と黒色石があります。最も多い胆石は、主にコレステロールの結晶からできているコレステロール胆石です。ビリルビンカルシウム石は胆汁の細菌感染が原因に考えられています。黒色石もビリルビンが主な成分ですが、細菌感染はなく、その原因がよく分かっていません。

胆石症の診断はどうやってするの?

腹部超音波が最も有用です。以前はDIC(経静脈性胆道造影)という造影検査が行われていましたが、今は単独で行うことは少なく、CTと組み合わせてDIC-CTとして行われています。MRCP(磁気共鳴胆管膵管造影検査)というMRIやERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査)という内視鏡を使用した造影検査も有用です。

腹部単純X線(レントゲン)は、カルシウム成分を多く含んでいると写りますが、少ないと写りません。

血液検査は、急性胆のう炎を併発していると、肝機能異常や炎症反応を認めます。結石が原因で胆汁の流れがせき止められると、血液中のビリルビン濃度が上昇して、黄疸がでることがあります。

胆石症の治療はどうするの?

胆石があるからといって、全て治療が必要になる訳ではありません。では、どのような場合に治療が必要になるのでしょうか。

  • ① 経過観察で様子が見られる場合
    腹部超音波で胆のうの壁が肥厚していない場合は、症状がなければ経過観察していきます。
  • ② 薬物療法
    胆のうの機能が正常に保たれていて、15mm未満の胆のうの中の胆汁に浮いている “浮遊結石”は溶解療法の適応になります。特に、レントゲンに映らないコレステロール結石は有効です。
  • ③ ESWL(Extracorporeal Shock Wave Lithotripsy: 体外衝撃波結石破砕療法)
    胆のうの機能が正常に保たれていて、20mm未満の単発結石、レントゲンに映らないコレステロール結石がESWLの適応になります。
  • ④ 手術
    症状がある場合、原則として手術が第一選択になります。この時、石だけを取り出すのではなく、胆のうを摘出します。また、手術は腹腔鏡を使って、小さな傷で行うことが主流です。胆のうの炎症や腹腔内の癒着が強い場合は、開腹手術になることがあります。また、症状がない場合でも、胆のう壁が肥厚している場合は、手術の適応となることがあります。
    急性胆のう炎の場合、まず、胆のうの炎症を改善させるために、胆のうに管を刺して炎症を起こした膿性の胆汁を排出させます(PTGBD:経皮経肝胆のうドレナージ)。
食事や日常生活で気をつけることは?

カロリー過剰摂取はもちろんですが、中でも、炭水化物、糖質、動物性脂肪の過剰摂取は胆石症のリスク因子です。逆に、豆腐などの大豆製品や他の豆類、野菜に含まれる植物性蛋白、食物繊維、イワシやサバなど青魚に多く含まれる多価不飽和脂肪酸などはリスクを減らします。
適度な運動もリスクを低下させます。体を動かして、健康的な生活を心がけましょう。

総胆管結石症ってなに?

総胆管に結石が落下して胆汁の流れがせき止められることで、胆管炎になることがあります。胆管炎になると、胆石症と同じように右季肋部通や発熱、黄疸などの症状がでます。総胆管結石は、いずれ胆管炎を起こす可能性が高いので治療の対象となります。治療は内視鏡を使って、十二指腸にある総胆管の開口部から結石を取り出します。急性胆管炎になっている場合には、まず内視鏡的胆道ドレナージを行います。内視鏡的に結石を除去できない場合、手術で除去します。

無石胆のう炎ってなに?

胆のうで胆汁がうっ滞したり、胆のうの血流が悪くなったりが原因で、胆石が無くても胆のう炎になることがあります。

胆のうを摘出しても、油っぽいもの食べられますか?

脂質の消化で重要な役割をする胆汁は、肝臓で作られるので心配ありません。油っぽい食べ物も食べられます。ただ、胆汁を蓄えておく胆のうがないので、常に十二指腸に胆汁が流れ込むことで、下痢や腹痛が起こりやすくなることがあります。腸の調子をみながら、気をつけて食べましょう。