高橋クリニック|脂質異常症

高橋クリニック
電話番号

脂質異常症

脂質異常症

脂質異常症

脂質は、血液中でアポ蛋白とくっついて、リポ蛋白になります。血液中のリポ蛋白は、カイロミクロン、VLDL、LDL、IDL、HDLがあります。血液検査では、これらのこれらのリポ蛋白中に含まれるコレステロールが測定されます。HDL は余分なコレステロールを回収して動脈硬化を抑制する働きから“善玉コレステロール”、LDLコレステロールは“悪玉コレステロール”と言われています。総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロールの他、トリグリセライド(中性脂肪、TG)が測定されます。
以前は、「高脂血症」という診断名が使われていました。しかしながら、低HDLコレステロール血症も含まれるため、現在は「脂質異常症」という診断名が使われています。

Q&A

いくつから脂質異常症なの?

空腹時の採血が基準となり、LDLコレステロール(悪玉)が140mg/dlを越えると、高LDLコレステロール血症となります。120mg/dl未満であれば、正常範囲です。トリグリセライド(中性脂肪、TG)は、150mg/dl未満が正常範囲で、150mg/dl以上が高トリグリセライド血症となります。表にまとめると、次の様になります。

LDLコレステロール

140mg/dl以上 高LDLコレステロール血症
120 ~ 139mg/dl 境界域高
LDLコレステロール血症
HDLコレステロール 40mg/dl未満 低HDLコレステロール血症
トリグリセライド(TG) 150mg/dl以上 高トリグリセライド血症

Non-HDLコレステロール

170mg/dl以上 高non-HDLコレステロール血症
150 ~ 169mg/dl 境界域高
non-HDLコレステロール血症
脂質異常症はどうしてなるの?

食事、運動などの生活習慣の他、遺伝的要因や、併存する疾患によっても脂質異常症になります。遺伝疾患である家族性高コレステロール血症は、冠動脈疾患のリスクが極めて高いので、早い段階での診断と治療が必要になります。甲状腺機能低下症でも、高LDLコレステロール血症が起こります。

脂質異常症の症状は?

自覚症状はほとんどない、と言えます。進行してくると、眼瞼などの皮膚やアキレス腱に黄色腫が出来たりします。

脂質異常症を治療しないとどうなるの?

個々の患者さんの状態によって、治療をしなかった場合のリスクが異なってきます。コレステロール値はもちろん、性別、年齢、血圧、喫煙や冠動脈疾患の既往歴、糖尿病、慢性腎臓病、脳梗塞、末梢動脈疾患などの併存疾患の有無から、リスク分類されます。
LDLコレステロール、トリグリセライド、Non-HDLコレステロールが高いほど、そしてHDLコレステロールが低いほど、冠動脈疾患の発症頻度が高くなります。500mg/dl以上の高度なトリグリセライド血症では、急性膵炎のリスクが高まります。

脂質異常症って、どうやって治療するの?

まずは、生活習慣を改めていくことから始めます。食べ過ぎを避け、バランスの良い食事を心掛けましょう。脂肪酸は、動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸、オリーブオイルなどに多く含まれる一価不飽和脂肪酸、青魚のイワシやサバなどに多く含まれる多価不飽和脂肪酸に分けられます。飽和脂肪酸を取りすぎると“悪玉コレステロール”が増えます。一方、一価不飽和脂肪酸は改善する方向に進みます。多価不飽和脂肪酸は、改善するだけでなく、血圧を低下させたり、血液をサラサラにしたり(血栓が出来にくくなる)するので、心筋梗塞などの予防につながります。また、マーガリンやショートニングに多く含まれるトランス型の不飽和脂肪酸の取りすぎにも注意しましょう。トランス型脂肪酸は、“善玉コレステロール”を減らし、“悪玉コレステロール”を増やします。
運動は散歩、サイクリングなどの有酸素運動で、息切れするほど激しい運動は必要ありません。じわっと、汗をかく程度が理想です。少しずつでも毎日続けましょう。足腰に不安な方は、プールでの水中ウォーキングもお勧めです。スクワットやウエイトトレーニングなどのレジスタンス運動も効果的ですが、自分自身の体力に応じて行いましょう。
生活習慣の改善をがんばっても、コレステロール値が下がってこないこともあります。その場合は、内服治療を検討します。

脂質異常症には、どんな薬があるの?

病態によって、それぞれの薬を選択し、治療経過によって変更したり、併用したりします。

  • ① スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)
  • ② エゼチミブ(小腸コレステロールトランスポーター阻害薬)
  • ③ フィブラート系
  • ④ n-3系多価不飽和脂肪酸
  • ⑤ ニコチン酸誘導体
  • ⑥ レジン(陰イオン交換樹脂)
    他、黄色腫の縮小に有効なプロビコール、スタチン等で治療効果が十分得られず、LDLコレステロールが目標値まで下がらない時に選択されるPCSK9阻害薬があります。

  • 1 高LDLコレステロール血症といわれたら…
    スタチンが、高LDLコレステロール血症の第一選択薬です。単剤で効果不充分の場合には、エゼチミブやレジンを併用します。黄色腫がある場合、プロビコールが有効です。
  • 2 高トリグリセライド(中性脂肪、TG)といわれたら…
    フィブラート系、ニコチン酸誘導体、n-3多価不飽和脂肪酸が有効です。
  • 3 LDL、TG両方高いといわれたら…
    スタチンが治療の中心になります。単剤で効果不充分の場合には、エゼチミブ、フィブラート系、ニコチン酸誘導体、n-3多価不飽和脂肪酸を併用します。

脂質異常症の薬剤に限ったことではありませんが、どの薬剤にも副作用の可能性はあります。最も注意しなければならないのが、スタチンやフィブラート系の筋肉障害です。自覚症状では筋肉痛や脱力、血液検査ではクレアチニンキナーゼ(CK)が上昇します。重症化すると横紋筋融解症に至ることがあります。その他にも、肝障害、消化器症状の副作用があります。体調に変化がある場合、内服を中止して、主治医に相談してください。

コレステロールはどこまで下げればいいの?

脂質異常症以外のリスクがどのくらいあるかによって、目標となる値が変わってきます。リスク因子としては、高血圧症、糖尿病があるか、HDLコレステロールが低いか、喫煙をしているか、家族に早発性の心筋梗塞など冠動脈疾患の既往があるか、などです。年齢、性別、血圧によってもリスクが分類され、目標値が決まってきます。

HDLコレステロールを増やすには、どうすればいいの?

HDLコレステロールが減少する原因として、運動不足、肥満や喫煙などがあります。適度な運動と喫煙をされている方は禁煙を試みましょう。また、トリグリセライド(中性脂肪、TG)が高い場合は、トリグリセライドを改善させることでHDLコレステロール増加が期待出来ます。