高橋クリニック|機能性ディスペプシア

高橋クリニック
電話番号

機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアは、過敏性腸症候群と併せて機能性消化管疾患といわれています。この“機能性ディスペプシア”は、聞きなれない病名かもしれません。上部消化管である食道、胃、十二指腸の機能性消化管疾患が機能性ディスペプシアです。

Q&A

機能性ディスペプシアはどんな症状があるの?

胃の痛み、もたれや不快感、膨満感、悪心、食欲低下などの症状を長期にくり返します。しかしながら、これらの症状は、逆流性食道炎や胃炎、胃潰瘍などの良性疾患、食道がんや胃がんなどの悪性疾患でも認め、機能性ディスペプシアに特異的な症状ではありません。逆に、体重が減る、血液を吐く、くり返し吐く、飲み込みづらいなどの症状は機能性ディスペプシアが否定的です。

機能性ディスペプシアの原因は何ですか?

はっきりと原因を説明することが非常に難しい疾患です。いろいろな原因が重なり合って起こる可能性があります。

  • ① 食事をすると、胃の容積が大きくなって食べ物をためることができます。これが胃の“適応性弛緩”です。しかし、機能性ディスペプシアでは、この適応性弛緩が障害されて、食べ物が入っても胃が拡張しにくくなります。そのため、もたれや膨満感、食べはじめてすぐに満腹感が出てしまうなどの症状がでます。
  • ② 機能性ディスペプシアでは、胃の運動が低下して、食べ物が胃から流れにくくなっています。そのため、もたれや膨満感などの症状がでます。
  • ③ 機能性ディスペプシアでは、胃の内臓知覚が過敏になっています。食べ物が入り、胃が広がると、この刺激に痛みや膨満感を感じやすくなってしまいます。

これらの原因の背景には、生活習慣やストレス、不安や悩み、心配などの心理的な問題、胃酸の分泌、ピロリ菌などの感染症が関係あると考えられています。また、胃の形も、食べ物の流れが悪くなる原因になっていることがあります。

診断はどうやってするの?

一番重要なのが、上部消化管内視鏡検査になります。症状の原因となるような、炎症や潰瘍、がんなどの疾患が“ない”ことを確認することが必要です。また、胃炎の所見がある場合、ピロリ菌の感染を確認する必要があります。
またNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)という解熱鎮痛薬を服用している場合、機能性ディスペプシアと同じような症状が出ることがあります。その場合は、処方をしてもらっている主治医に相談をしてみてください。

治療はどうやってするの?

ピロリ菌の感染が確認された場合は、まずはピロリ菌の除菌治療を行います。除菌しても症状が改善されなければ、次のような内服薬による治療を行います。

  • ① 酸分泌抑制薬
    胃潰瘍や逆流性食道炎で使用される酸分泌抑制薬で、症状の改善が期待されます。
  • ② 運動機能改善薬
    消化管運動機能を改善させることで、症状の改善が期待されます。
  • ③ 漢方薬
    六君子湯、半夏厚朴湯の有効性が報告されています。
  • ④ 抗不安薬、抗うつ薬
    心理的な要因が症状に関与している可能性もあり、抗不安薬、抗うつ薬で症状の改善を認めることがあります。

治療では、これらの内服薬を組み合わせることもあります。機能性ディスペプシアの治療では、生活習慣の改善や食事療法が大事になります。十分な睡眠、規則的な食習慣をまず心がけましょう。

これまでは、症状があって内視鏡検査をしても何も異常を認めず、“ストレス性ですね”、“胃が疲れているんですよ”、など言われてきたかもしれません。もし、機能性ディスペプシアが心配な症状がありましたら、ご相談ください。