胃食道逆流症・逆流性食道炎

高橋クリニック
電話番号

胃食道逆流症・逆流性食道炎

胃食道逆流症・逆流性食道炎

胃食道逆流症・逆流性食道炎

胃食道逆流症(Gastroesophageal Reflux Disease: GERD)は、消化液、主に胃酸の食道への逆流によっておこる疾患です。

Q&A

胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎の症状は?

典型的な症状は、“胸やけ”、口の中の“呑酸”という酸っぱい、にがい感じです。胸痛を感じたり、中枢反射や逆流物の誤嚥によって咳が続いたりすることがあります。喉が炎症を起こして咽頭炎になり、しみたり、痛みを感じたりすることもあります。

胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎はどうしてなるの?

一般的には、肥満や食生活や生活習慣が関係すると言われています。また、食道裂孔ヘルニアがあると、起こりやすいことが分かっています。胃酸や胃の内容物が食道に逆流することにより、粘膜障害が起き、”A1”のような症状が出ます。特に、食道の蠕動運動が低下すると、胃酸が食道内に停滞しやすくなります。また、胃の内容物が停滞すると症状が出やすくなることがあります。

胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎をほうっておくとどうなるの?

胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎の経過が長くなると、食道と胃のつなぎ目が狭くなったり、バレット食道という食道腺がんの発生の母地になったりする可能性があります。また、出血が続いて貧血になることもあります。

胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎の診断は?

初期診断には、問診が大切です。質問票を用いて、胃食道逆流症・逆流性食道炎の症状にどのくらい該当するか、確認します。そして、一番重要なのが上部消化管内視鏡検査です。内視鏡検査では、びらんという粘膜障害を認める場合と認めない場合があります。内視鏡的に粘膜障害を認めなくても、非びらん性GERD(NERD)と呼ばれる知覚過敏や食道の蠕動運動の低下が原因となることがあります。さらに詳しく、胃酸の逆流を調べる目的で、pH(ペーハー)モニタリングで評価されることもあります。pHとは、水素イオン濃度で、酸性とアルカリ性、その中間の中性と水溶液の性質を表す指数です。胃酸は読んで字のごとく“酸”なので、食道内のpHを測定することによって胃酸の逆流を確認します。

胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎の治療は?

胃食道逆流症(GERD)の症状が疑われる場合、内服治療が検査に先んじてされることがあります。内服治療の中心となるのは、プロトンポンプ阻害薬(PPI: Proton Pump Inhibitor )と言われる、胃酸の分泌を強力に抑える薬剤です。H2ブロッカーと言われる酸分泌抑制薬でも効果は期待できますが、プロトンポンプ阻害薬の方が優れています。治療効果が十分に得られない場合、消化管運動機能改善薬や漢方薬の併用することがあります。これらの内服治療で効果がない場合、内視鏡的治療や手術が検討されることがあります。

その他に治療方法はありますか?

肥満傾向にある人は、体重減少が症状を改善させる可能性があります。また、寝る時、枕を高くすると、逆流が少なくなり症状が改善します。寝心地が悪くなったり、首が痛くなったりしないよう注意しながら試してみてください。タバコやアルコールも症状に関係があると言われています。

私が2005年に執筆した胃がん術後の胃食道逆流症に関する論文が、日本消化器病学会の「胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2015(改訂第2版)」の「第6章上部消化管術後食道炎」の文献として採用されました。

Takahashi T, Yoshida M, Kubota T, et al. Morphologic analysis of gastroesophageal reflux diseases in patients after distal gastrectomy. World J Surg 2005; 29: 50-57