高橋クリニック|水痘(帯状疱疹)ワクチン 館林市

高橋クリニック
電話番号

水痘(帯状疱疹)ワクチン

水痘(帯状疱疹)ワクチン

帯状疱疹

帯状疱疹

水痘・帯状疱疹ウイルスが感染すると、水痘(水ぼうそう)として発症します。水ぼうそうが治っても、このウイルスは体内に潜伏しています。加齢や疲労、ストレスで免疫力が低下すると、体内に潜んでいたウイルスが活動し、帯状疱疹を発症します。50歳を超えると免疫力低下により、帯状疱疹の発症率は高くなると言われています。帯状疱疹は一生に一度だけとは限らず、再発する可能性があります。

Q&A

Q 帯状疱疹の症状は?

A 体の片側、左右どちらかに、かゆみやピリピリ、チクチクといった痛みを伴う赤い発疹が帯状に出てきます。最初は違和感や、何か“ブツブツ”が出来ているかなという程度で気がつきにくいこともあります。そのため、受診が遅れてしまう事があります。

Q 帯状疱疹はうつるの?

A 水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫がない人には、“水ぼうそう”としてうつることがあります。帯状疱疹としてはうつりません。

Q 帯状疱疹の治療は?

A ウイルスに対する薬で治療します。早期治療が大切なので、上のような症状が疑われたら、早めに受診してください。

Q 帯状疱疹の合併症は?

A 目の合併症として角膜炎、結膜炎、ぶどう膜炎、耳の合併症として難聴、耳鳴り、めまいなどがあります。他にも顔面神経麻痺、髄膜炎になることもあります。また、帯状疱疹後神経痛といって、帯状疱疹の皮膚症状が治った後も後遺症として痛みが残ってしまうことがあります。

Q 帯状疱疹を予防する方法は?

A 帯状疱疹を予防するワクチンがあります。発症のリスクが高い50歳以上が接種対象になります。既往歴や他疾患の状態や治療内容によって、接種が出来ない場合もありますので、主治医にご確認ください。

Q ワクチンの副作用は?

A 臨床試験では、他のワクチンと同じように、注射部位の紅斑、熱感、かゆみ、腫れ、硬結、痛みなどの局所症状や倦怠感、発疹などが報告されています。

Q 他のワクチンとの接種間隔はどうすればいいの?

A ワクチンには、“生ワクチン”と“不活化ワクチン”があります。水痘ワクチンは、弱毒化された水痘・帯状疱疹ウイルスが含まれている“生ワクチン”です。生ワクチンは、接種後、他のワクチンを接種するまでに27日以上あける必要があります。一方、不活化ワクチンは、接種後6日以上あければ、他のワクチンを接種できます。

“生ワクチン”と“不活化ワクチン”

予防接種によって、帯状疱疹発症率、帯状疱疹後神経痛発症率を減少させることが出来ますが、完全に防ぐことは出来ません。日頃から、十分な睡眠をとり、規則正しい生活習慣を心がけて、体調管理をして免疫力低下を防ぐ努力をしましょう。