群馬県館林市|高橋クリニック|食道裂孔ヘルニア

高橋クリニック
電話番号

食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニア

口から入った食物は、咽頭から食道に入ります。食道は胸腔内を下り、腹腔内で胃とつながっています。胸腔と腹腔は、膜状の筋肉の横隔膜によって隔てられており、この横隔膜には血管や神経、食道が通過する裂孔という“穴”が開いています。食道は、その裂孔のひとつである食道裂孔を通って、胸腔から腹腔内に入っていきます。

Q&A

食道裂孔ヘルニアってなに?

本来は腹腔内にある胃の一部が、横隔膜の食道裂孔から胸腔内に入ってしまう状態を食道裂孔ヘルニアといいます。

食道裂孔ヘルニアはどうしてなるの?

加齢によって食道裂孔がゆるんできたり、肥満で腹圧が強くなったりすると、食道裂孔ヘルニアになりやすくなります。

食道裂孔ヘルニアの診断は?

上部消化管内視鏡検査や、胃がん検診の時などに行うバリウムを飲む造影検査で診断されます。

食道裂孔ヘルニアはどんな症状があるの?

食事をする時、無意識に空気を一緒に飲み込んでいます。食道裂孔ヘルニアがあると食道裂孔がゆるんでしまうため、この食後に胃の中にたまった空気が逆流して“げっぷ”が出やすくなります。同時に胃酸も食道へ逆流しやすくなることと、その逆流した胃酸の排出が遅くなって食道内にたまることで、逆流性食道炎の原因になります。

食道裂孔ヘルニアの治療は?

症状がない場合は、経過観察になります。肥満が影響している場合は、体重減少に努めます。胃食道逆流症・逆流性食道炎による逆流症状がある場合は、内服治療を行います。内服治療によって改善しない場合は、手術による治療が検討されます。