高橋クリニック|高尿酸血症 館林市|高尿酸血症

高橋クリニック
電話番号

高尿酸血症

高尿酸血症

高尿酸血症

食物中のプリン体が代謝されて出来る代謝産物が“尿酸”です。尿酸は、腎臓や腸管に排泄されます。血液中の尿酸値が高くなるのが高尿酸血症で、痛風や尿路結石などの原因となります。高血圧症、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の合併が多いことが分かっています。

尿酸値はどうやって調べるの?

外来で、血液検査で調べることが出来ます。日内変動や季節変動、食事内容や飲酒、運動などで変動しています。

いくつから高尿酸血症病なの?

尿酸値が、7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症です。尿酸が過剰に産生されたり、腎臓からの排泄が低下したりすると、高尿酸血症になります。

尿酸値はどうして高くなるの?

遺伝的要因もありますが、プリン体の多い肉類や魚類、飲酒、果糖などの過剰摂取が大きく関わってきます。

高尿酸血症を、ほうっておくと?

次のような疾患になる可能性があります。

  • ① 痛風
    高尿酸血症が続くと、尿酸がナトリウムと結晶化し、尿酸塩となって痛風関節炎を起こします。痛風関節炎を起こすと、ある日突然、関節が赤く腫れて、激しく痛みが出ます。ただし、高尿酸血症があるからといって、全員が痛風発作を起こすとは限りません。高尿酸血症が長期に続くと、痛風結節が出来やすくなります。
  • ② 尿路結石
    同じように尿酸塩の結晶が、尿管結石の原因になることがあります。尿量低下、持続する酸性尿、尿中尿酸排泄量の増加などが、危険因子になります。
  • ③ 慢性腎臓病
    高尿酸血症は慢性腎臓病とも密接に係ってきます。高尿酸血症は慢性腎臓病の発症や進行に関連している可能性があります。
高尿酸血症って、どうやって治すの?

まずは、生活習慣を改めることから始めます。適切な運動療法と食事療法を心がけましょう。

食事療法は、高尿酸血症に限らず生活習慣病全般に言えることですが、規則正しい、バランスのいい食事を心がけましょう。プリン体は肉や魚などに多く含まれます。タンパク質は、プリン体が少ない豆腐などの大豆製品でも摂取するように心がけましょう。肉、野菜などは“ゆでたり”、“煮たり”することでプリン体を減らすことが出来ます。ビールに限らず、過剰な飲酒も尿酸値を上昇させるので注意しましょう。尿酸が尿中に溶けるように、十分な水分を摂取することも大切です。当院では、管理栄養士による食事指導を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

運動療法は、ジョギングや水泳、歩行(散歩)などの有酸素運動が推奨されます。過激な運動、低酸素下の運動では尿酸産生が増える可能性があります。プールを利用できる環境であれば、膝の負担が少ない水中歩行もお勧めです。「きつ過ぎない」適度な負荷で、週3~5日を目標にしましょう。ただし、心臓や肺、腎臓などに疾患がある場合は、主治医に相談して、運動量を決めましょう。

生活習慣の改善をがんばっても、尿酸値が下がってこないこともあります。その場合は、内服治療を受けましょう。

高尿酸血症の治療薬は、どのような種類があるの?

尿酸降下薬には、2種類に分けられます。

  • ① 尿酸生成抑制薬
    尿酸の産生が過剰になっている場合に選択されます。特に腎障害のある場合には選択されます。
  • ② 尿酸排泄促進薬
    尿酸の排泄が低下している場合に選択されます。腎障害や尿路結石が合併している場合は選択されません。

また、急性の痛風関節炎に対しては、NSAID(非ステロイド性抗炎症薬)やステロイド、コルヒチンなどが有効です。

尿酸値はどこまで下げればいいの?

尿酸は体内で作られ、排泄されます。高尿酸血症である7.0mg/dlを超えると、体内にどんどん蓄積されていきます。体内に蓄積しないように、6.0mg/dl以下にすることが目標です。