橋田内科クリニック|館林市 内科 胃カメラ 大腸内視鏡検査 糖尿病|ピロリ菌

橋田内科クリニック
電話番号

ピロリ菌

ピロリ菌

ピロリ菌とは

ピロリ菌

みなさんは”ピロリ菌“という細菌の名前をご存知でしょうか?ピロリ菌についてのQ & Aをまとめてみました。

Q&A

Q ピロリ菌に感染すると、どのような病気になりやすいのでしょうか?

A ピロリ菌に感染すると、萎縮性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、胃過形成性ポリープや胃がんなどを引き起こす可能性があります。

Q ピロリ菌と胃がんはどのような関連性があるのですか?

A ピロリ菌に感染した人は、感染していない人に比べて、胃がんのリスクが高いことが報告されています。除菌治療をすることで、胃がんの予防効果が高いと考えられます。

Q ピロリ菌に感染しているかどうか、どうやって調べるのですか?

A 次のような方法があります。

1.内視鏡検査
内視鏡検査の時に、胃の組織を一部つまみ(生検)調べます。ピロリ菌が持つウレアーゼで産生されるアンモニアが起こすpH変化をみる迅速ウレアーゼ試験、ホルマリン固定して顕微鏡で観察する鏡検法、唯一の直接的証明法である培養法があります。

2.血液検査
血液中のピロリ菌に対する抗体値を測定します。胃がんリスク検診でも測定しています。

3.便中抗原検査
胃から腸を経由して排泄されるピロリ菌の抗原を検出する方法です。

4.尿素呼気試験
13Cという炭素の同位元素を含んだ尿素を内服します。ピロリ菌によってこの尿素が分解されると13CO2(二酸化炭素)が呼気に出てきます。この数値を測定します。

Q ピロリ菌を退治(除菌)するのには、どうしたらよいでしょうか?

A 2013年には、ピロリ感染胃炎に対する除菌治療が保険の適応となりました。除菌治療は、アモキシシリン、クラリスロマイシンという2種類の抗菌薬と胃酸を抑える薬(プロトンポンプ阻害薬など)を1週間内服します。この治療方法で9割前後の方が除菌に成功することが期待できます。この治療で除菌が出来なかった場合には、次の治療として、クラリスロマイシンをメトロニダゾールに替えた組み合わせがあります。

Q 貧血と関係があると聞いたことがあるのですが?

A ピロリ菌感染によって、アスコルビン酸の吸収や、胃の中のアスコルビン酸濃度が低下することで、鉄の吸収が低下してしまうと言われています。そのため、鉄欠乏性貧血が起こる可能性があると考えられています。しかしながら、貧血の発生機序はまだ解明はされていません。

ピロリ菌について、もっと詳しく聞いてみたい、とお気軽に外来にいらっしゃってください。お待ちしています。